履歴書に書けるTOEICスコアって何点からなんだろう。

700点くらいだとアピールというより「逆効果」にならないかな。

TOEICの他に、英検やTOEFLなどでは履歴書でアピールできるスコアはどれくらいだろう。

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

「履歴書にTOIECの点数を書きたい、でも何点以上とっていれば履歴書に書けるの?」履歴書にTOEICの点数を書こうと思っている方、アピールのつもりが逆効果になっているかもしれません。

そこで今回は「履歴書に書けるTOEICの点数は何点から効果があるのか」ついて解説していきます。

 

3分ほどで読めますm(__)m

履歴書に書いてアピールできるTOEICは何点から?

TOEICの点数と英語力を比較

現在自分が持っているTOEICの点数が何点かによって、どのくらいの英語力があるのかを知ることができます。

基本的に、TOEICの点数別で求められる英語力は、次のようなものです。

• 〜400点未満
アルファベットの並びを覚えている。日常的で簡単な挨拶なら英語で理解ができる。

 

• 400点〜500点
中学英語が理解できている。日常生活で簡単なコミュニケーションをとることができる。

 

• 500点〜600点
高校英語の中級レベル。自分の考えや思ったことを簡単な英語で表現することができる。

 

• 600点〜700点
高校英語が理解できている。外国人への道案内やお店での料理の注文などを英語で行うことができる。

 

• 800点〜900点
専門的な文章が読むことができる。日常生活で支障なくコミュニケーションをとることができる。

 

• 900点〜990点
英語ネイティブレベル。流暢に会話をすることができ、英字新聞や海外のテレビ番組を理解することができる。

 

TOEICの点数と英語のレベルはこのような比較になっています。あなたの英語力はどのくらいでしょうか。そして、その英語力は仕事や社会に出てからも使えるレベルのものでしょうか。

TOEICは何点あれば履歴書にかけるレベルなの?

履歴書に記入できるTOIECの点数=自分の英語力をアピールできる点数でなければいけません。アピールに使える点数は職業や新卒、転職などによって異なります。

今回は、新卒の場合で日系企業と外資系の企業でアピール可能な点数について紹介します。

 

• TOEICでアピールできる点数〜日系企業編〜

日本の企業でアピールするためには、「TOEIC 600点以上」が最低ラインになります。あくまで最低ラインなので、高ければ高い方がアピールになります。

800〜850点ぐらいの点数が取れていればまず英語力に心配はいらないでしょう。

 

• TOEICでアピールできる点数〜外資系企業編〜

多くの外資系企業で、英語力は必須の能力です。「TOEIC700点以上」最低ラインになるでしょう。

さらに、仕事で英語を利用する場合は900点近くの点数が必要になるでしょう。

 

TOEICの点数の正しい書き方とは

ここからはTOEICの点数を履歴書に記入する方法を解説します。正しく記入しなければそれだけでイメージダウンにつながるので、ここで1度しっかりと確認しておきましょう。

履歴書にTOEICの点数記入で必要な情報は、

• TOEIC試験を受けた日付
• 受けたテストの正式名称
• 試験の結果(点数)

この3つが必要になります。記入方法は、

年 月 免許・資格・検定

2018 7 TOEIC 公開テスト 800点取得

 

TOEICの正式名称は「TOEIC公開テスト」です。また、必要な情報はこの3つのみなのでこれ以外の情報を記入することもダメです。

 

点数に関する部分で迷うのが、「最新の点数」と「過去最高の点数」のどちらをかけば良いのか迷うことがあると思います。これは、「最高の点数」を記入して大丈夫です。また、TOEICの点数には有効期限はありません。

TOEICだけじゃない!英検・IELTSの点数も使える!

TOEICの点数を英検・IELTSと比較

超ざっくりですがこんな感じ。

TOEIC 英検 IELTS
850〜900 1級  7〜7.5
750〜800 準1級   6〜6.5
550〜600 2級  5〜5.5
450〜500  準2級  4〜4.5

 

これがTOEIC・英検・IELTSの点数を比較した表です。試験の内容が違う部分もあるので、多少の誤差は生じると思いますがある程度のレベルはこのようになっています。英検、IELTSを受験経験がある方は是非TOEICの点数と比べてみて、上記を参考に自分の英語力を確認してみてはいかがでしょうか。

英検は何級から履歴書でアピールになるのか

英検は持ってるけど、TOEICは持ってない…といった方も多いのではないでしょうか。実は、英検の取得級も履歴書に記入することができます。

 

上記のTOEIC・英検・IELTSの点数を比較した表を利用すると、TOEICで600〜800点は英検で2級〜準1級です。就職の際に履歴書で英語力をアピールするためには英検準1級が最低でも必要でしょう。

 

同じく、IELTSの点数とも比較してみましょう。IELTSだと、6〜7あたりが最低ラインになります。

まとめると、履歴書で英語力をアピールするために必要なのは、

  •  TOEIC 600〜800
  • 英検 2級〜準1級
  • IELTS 6〜7

となります。

 

履歴書への記入方法は、英検・IELTS共にTOEICの記入方法と同じですのです。TOEICの記入方法については上記で紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

取るならどの資格?英検・TOEIC・IELTSでオススメはこれ!

英検・TOEIC・IELTSの中で最もオススメする検定試験は「TOEIC」です。

その理由は、使える・お手軽の2つです。TOEIC公開テストは、世界180国以上の国で実施されているテストで毎年役2500万人の人が受験しているテストなのです。

 

日本だけで実施されているテストではないので、世界、特にビジネスで利用できる英語力を身につけることができます。日本では英検の知名度も高いのですが、英検は大学受験で利用する機会が増えてきています。

 

ビジネスというより学習系の検定試験となっています。また、TOIECは受験料が1回5725円と比較的お手軽な価格で試験を受けることができます。

 

IELTSは、その面では1回の試験が25380円と高くついてしまう部分があります。
就職や転職などのために英語力をつけたい場合はTOEICを受験することをオススメします。

まとめ|TOEICを履歴書に書いていいのは最低600点。ですが。。。

今回は、履歴書に書いてアピールになるTOEICの点数、そして英検やIELTSなどについても簡単に紹介しました。TOEICは、就職や転職にはかなり強い味方になる試験です。

履歴書にTOEICの点数を書いてアピールするためには大体600点〜800点の点数が必要になります。また、履歴書に記入するためには正しい記入方法で書くことが大切になります。

高いスコアで正しく履歴書に記入して、あなたの英語力をアピールしましょう!