最近グローバルな展開をする企業が増え、新興国として魅力的な市場であるインド。

そんなインドに出張、もしくは駐在が決まった!という方もめずらしくなくなってきました。

 

しかし、一体どんな準備が必要なのか、衛生面は大丈夫なのか、自分の英語力で大丈夫なのか…など未知の世界に対する不安でいっぱいなはずです。

 

ここでは、インドへの駐在・海外出張のための持ち物リストと準備10選を実際にインド駐在している筆者がお伝えします。

インドは、「別の惑星」と言われることがあるほど、魅力も驚きもいっぱいの国です!

インド駐在に必須!必需品リスト

まずは、インドに駐在・出張するなら絶対持っていきたい必需品リストをご紹介します。

 

インドに絶対に持っていくべき必需品とは

日本人が出張で行くような地域は、インドと言っても発展している大都市がほとんどです。

そのため、大抵のものは現地で調達できるので安心しましょう。

 

最低限インドに持っていきたいものリスト

・マスク

・化粧品・ヘアケア用品

・変換プラグ

・ボールペンなどの文房具

・調味料

・海外用SIMカード

 

一つずつ理由を解説していきます。

 

・マスク

インドの空気に慣れるまでは喉を守りましょう。

インドの大都市は日本と比べ物にならないほど空気が汚く、砂煙が舞っています。

日本のような品質のよい使い捨てマスクはインドでなかなか入手できず、布製かガスマスクのようなものが一般的です。

またインドの飴はとにかく甘いので、食べ慣れたのど飴も持っていくと役立ちます!

 

・化粧品・ヘアケア用品

女性だけでなく男性も、使い慣れたスキンケア・ヘアケア用品があれば持っていきましょう。

現地でも調達できますが、質がまったく異なります。

洗顔フォームなのに全く泡立たない…ということもめずらしくありません。

 

・変換プラグ

インドのコンセントの形は日本のものと異なります。

携帯だけでも充電できるよう、変換プラグを持っておきましょう!

 

・ボールペンなどの文房具

日本製ほど品質のよい文房具は世界中他にないと言い切ることができるほどです。インドのペンは書き心地が悪く、インクもすぐにでなくなるのでイライラさせられます。

仕事のストレス軽減のためにも、お気に入りの文房具を買いだめしておきましょう。

インドは青インクが主流なので、青ペンが必須です!

 

・調味料

自炊をするなら調味料は最も大切な持ち物だと考えておきましょう。

インドでは2リットルの醤油が1000円以上しますし、地域によっては味噌やだしなどの入手がとても困難です。

また、ほとんどの地域で牛肉の販売が禁止されているのでビーフコンソメも買うことができません。

 

・海外用SIMカード

見知らぬ土地でも、インターネットさえあればどうにかなる場合がほとんどです。

海外で数日間インターネットを使うことができるSIMカードを日本で用意しておきましょう。

これだけはしておくべき!インド駐在前の準備10選

必需品を荷物にまとめるだけではインド駐在・出張への準備は不十分です。

ここではインドに行く前に欠かせない準備を説明するので、駐在・出張前にぜひ一読してください。

 

準備1:パスポートの更新・ビザの取得

パスポートの残り期間が少ないようなら、更新しておきましょう。

駐在員のビザは2年もしくは3年で降りますが、任期期間中にパスポートが切れてしまうと手続きがやっかいです。

また、インドの入国にビザは必須です。

出張の場合はオンラインでも取得できますが、駐在の場合は大使館まで行くことになるので余裕を持って申請しましょう。

 

準備2:海外旅行保険の加入

インド駐在は体が資本ですので、保険に加入しておくことを強くおすすめします。

そして、噂の通りお腹のトラブルはほとんどの人が避けては通れません。

インドには「ジャパニーズヘルプデスク」という病院の予約・通訳をしてくれるサービスがあるのですが、一部の保険では無料でサービスを受けることができます。

インドの病院はとても使い勝手が悪いので、体調が悪い時にはこのサービスに助けられます。

 

準備3:SIMのアクティベート

海外用SIMカードのアクティベートは日本で終わらせておきましょう。

wifiを必要としたり電話番号での暗証がいる場合があります。

 

準備4:Uber・Olaなど配車アプリのダウンロード

お迎えが空港まで来ない場合、Uber・Olaというインドで使われている2種類の配車アプリを携帯にあらかじめ入れておきましょう。

空港からホテルまでの道のりをスムーズに移動できます。

インドではタクシーやオートリキシャーなど流しの車に乗ってしまうとトラブル遭遇率が格段に高くなります。

UberもOlaも電話番号による暗証後に使えるようになるので、日本でダウンロードしておく必要があります。

 

準備5:ホテルの予約

インドの初日ホテルは必ず事前に押さえておきましょう。

会社が手配してくれるかもしれませんが、自分で手配するとなるとOYOというアプリが便利です。

OYOグループのホテルはインド全土にあるため、目的地近くのホテルを簡単に探すことができます。

口コミを「お湯がでるか」「部屋がきれいか」という見極めに役立ててください。

 

準備6:海外キャッシングカードの作成

海外でキャッシングできるカードを持っておきましょう。

両替するより断然よいレートでインドルピーを入手できます。

インドルピーは日本で入手不可能なので事前に両替はできません。

 

準備7: 現地インド人・駐在員の先輩にお土産

駐在員の先輩に日本からのお土産を用意して行くと、間違いなく喜ばれます。

日本からのお土産は「補給」「救援物資」と呼ばれるほどありがたがられるので、これから関係を築く上でよいスタートを切ることができます。

 

準備8:時間は倍以上かかることに対する覚悟

ここからは準備というよりも心構えですが、インドでは何をするにも日本の倍以上の時間がかかると覚悟しておきましょう。

また、インド人の言葉も鵜呑みにしてはいけません。「1ヶ月かかる」と言われたら、大抵の場合2ヶ月かかります。

オフィスで働くホワイトカラーの人たちでさえ締め切りにはかなりルーズです。

 

準備9:「大丈夫だろう」という寛容さ

「ちょっとくらい大丈夫」という寛容さがインド駐在を切り抜けることができるかどうかのポイントです。

レストランでは床に落としたグラスを平気で渡してきたり、お菓子を手掴みで渡してきたり、一方通行の道路のはずなのに逆走レーンができていたり…なんでもありの国です。

寛容にならないと、ストレスで耐えられなくなってしまいます!

 

準備10:「英語は話しているうちになんとかなる」という心構え

英語力に不安があっても、「英語は使っているうちに身に付く」と割り切ってしまいましょう。

むしろ、英語上級者であってもインド英語独特の発音や言い回しには相当苦労します。

英語初心者の方がゆっくり・はっきり話すのでインド人とのコミュニケーションがスムーズに行くこともめずらしくありません。

 

備えあれば憂いなし!インド駐在・出張の際に必要な準備

インドは基本的に何でも現地調達が可能な国です。しかし、

・マスク

・化粧品・ヘアケア用品

・変換プラグ

・ボールペンなどの文房具

・調味料

・海外用SIMカード

は日本から持っていくことを、インド駐在経験者として強くおすすめします。

 

準備10選は、これだけしておけば後はどうにかなるということをまとめました。

日本のように快適で清潔な国ではありませんが、トラブルも経験のうち、と楽しむつもりでインドに臨んでくださいね!