59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s

 

TOEICを何度も受けたけど

どうしてもReadingで時間が足りなく最後は塗り絵^^。

TOEICスコア別に英字新聞を教えてほしい。

TOEIC対策以外に英字新聞ってどんなメリットある?

 

今回はこのような疑問にお答えします。

 

そういう私は、英字新聞と出会うまではTOEICリーディングで全く時間が足りず800点の壁を破れずにいました。。。英字新聞を読む習慣をつけてからはあっさりTOEIC900を突破し、英検1級も撃破♪ 今はIELTS8.0を目指しています、ふつーの人です^^

 

記事の内容

・英字新聞の選び方は「自分のレベルに合ったもの」

・TOEICスコア別の英字新聞の選び方

・英字新聞のリーディング力以外のメリット

 

もうすでに自分の英語レベルは分かっているという方はおすすめ英字新聞をレベル別に紹介~英語上達のコツは多読量にあり!をご覧ください。読み方のコツなどを解説しています。

 

この記事は3分ほどで読めますm(__)m

英字新聞の選び方 ~自分のレベルに合ったもの選ぶ!

多くの方が、TOEICリーディングセクションでスコアが伸び悩んでいます

 

原因は、TOEICパート6で時間切れ、つまり読むスピードが足りていないのです。。
英字新聞で十分な英文量を確保し、英文の処理速度を上げることができます。

 

いきなり日刊の英字新聞はNG。長続きしません。

まずは週刊でマイペースで読む!費用もお得!そして、3ヵ月続けた後にはTOEICスコア(特にリーディングスコア)が大幅に上がっていると断言できます。

 

では、毎日、ある一定量の英文を読むにはどうすればいいか、継続できるか。

 

ズバリ、ちょっと簡単めの英文記事を読む、これにつきます。

難しすぎたら続きません。それ、苦行になってしまいます^^。少し優しめのものをストレスなく読むことが大切になってきます。

 

つまり

 毎日十分な量の英文を読む → 読むスピードが上がる → 時間内に解ける!

TOEICスコア別の英字新聞の選び方

次の3パターンです。

・TOEIC750まで(初級・中級者): 週刊のJapan Times Alpha

・TOEIC750~900(上級者) : 日刊のJapan Times

TOEIC900以上(超上級者)  : 英文雑誌の最高峰「TIME」

 

上を見てもわかる通り、ほとんどの人は週刊のJapan Times Alphaで十分です。

理由はシンプルで、日刊だと続かないから、ですね。

 

例として、多くの人が初めて読む英字新聞に日刊のJapan Timesなどを選んでしまいますが、ほぼ100%、積読状態(読まずに毎日届く英字新聞がたまっていく状態)になっています(苦笑)

そういう私も挫折経験は数知れず( `ー´)ノ

 

毎日たくさんの記事を読みたい(いや読まねばならぬ笑)という気持ちもわかりますが、勉強習慣として続けたかったら「週刊」を選んでください。

1日2記事ペースの「カメさんスピード」で始めるべき。

だから、TOEIC800点を目標としているほとんどの人は、まずは週刊の英字新聞「Japan Times Alpha」を選ぶのが良いです。優先順位を「続けること」にするんですね、

TOEIC900点オーバー、英検1級をとっている私は今でもJapan Times Alphaで十分足りています♪

英字新聞の活用法 ~1日1記事で十分!無理しない!

eijisinbun5


英字新聞を始めようとする人は基本的に英語向上心が強く、がんばり屋さんが多い。だから英字新聞を始めていきなりたくさんの記事を読もうとします。

 

これが失敗の始まり。挫折のもとなんです。

 

“1日2記事、20分でOK!”
慣れてきたら、読む記事数を少しずつ増やしていきましょう。

 

「えっ?!こんなに簡単でいいの?!」っていうくらいがちょうどいいんですからね。まずは自分のTOEICスコア別にレベルにあった英文を読むことが大切。

英字新聞とTOEICの関係は? ~リーディングスコアが上がる理由

TOEIC対策に英字新聞を読むメリットは次の2つです。

・多読が習慣としてできる

・時事問題や教養が同時に身につく。

2つを深掘りしていきます。

英字新聞で多読量が確保できる!

TOEICリーディングセクションのスコアが上がらない人の多くは、「英語を読む量」にあります。

つまり、読む絶対量が足りないのです。

 

分かりやすい例でいうと、水泳かなと思います。

よく、水に入った分だけ泳ぐのがうまくなる、と言いますよね。

リーディングもこれを同じ^^

 

基本的には英文を読んだ量に比例します。

 

なので控えめに言っても、TOEICリーディングで時間が足りないっと言っている皆さんはかなりの確率で英文を読む絶対量が足りていないのでは^^

 

答えはもう出ていますね。

英語中・上級者になりたければ、とにかく読んで・読んで・読みまくることが大切。

 

それには、市販の英語教材より、英字新聞が一番です。(コスパ的にも財布にやさしい♪)

時事問題と教養が同時に身につく。最終目的はTOEIC高得点にあらず!

英語を勉強するゴールは資格試験に合格することでもTOEIC900点でもありません。

英語はあくまでツール。

つまり、身に付けた語学力で何をするかです。

 

英字新聞ならTOEICスコアだけでなく、英語力+国際人としての教養も同時に身につけることが可能!

英字新聞を読んでいると「英語を勉強している」から「英語で〇〇を学ぶ」の感覚になってきます。上級者への入り口ですね。

結果的に英字新聞にでてくる語彙や表現はTOEICでもばんばん出てきますので、特にTOEICリーディングセクションを得点源になれます。

今までのTOEICリーディングでの時間切れもサラバですね♪

まとめ|英字新聞はTOEICレベル別に選ぶべき


結論 :レベル別に、英字新聞はこの3択です。

・英語の初級・中級者(TOEIC750まで): 週刊のJapan Times Alpha

・英語の上級者(TOEIC750~900) : 日刊のJapan Times

・超上級者(TOEIC900以上、英検1級) : 英文雑誌の最高峰「TIME」

ほとんどの英語学習者の皆さんは、上のJapan Times Alphaで鍛えるべき。ちょっと物足りなくなってきたなー、週刊じゃ記事数たりないなーっと感じたら実力がついてきた証拠。日刊のJapan Times に切り替えてください。

英検1級やTOEIC900点を越えてきたらいよいよ英文雑誌の最高峰「TIME」へ挑戦。

 

大切なのは、「あまり背伸びせず、少し簡単に感じる英文を毎日一定量読むこと」です。

まずは3か月の週刊英字新聞Japan Times Alphaで読解の基礎力を付けましょう。

優先順位は「続けること」ですm(__)m

 

辞書なしで読める♪はじめての英字新聞 ⇒ The Japan TImes Alpha 公式サイト