英検準1級に受かりたいけど読解問題が苦手。

過去問と平行して英字新聞で克服したいけど、どんな英字新聞・勉強法がいいんだろう。

 

「英検準1級に合格したいけど、読解問題が苦手だな…」ネイティブの人が受けても難しいと言われている英検準1級。かなりレベルが高いのですが、中でも苦しむのが読解問題ですね。

今回は、英字新聞を活用して英検準1級レベルの読解力をつける方法を紹介します。さらに、リスニング力や単語力も向上することができるので、英検準1級に合格したい方は必見です!

 

本記事の内容

・効果抜群!英字新聞を利用した英検準1級勉強法

・英字新聞を英検準1級リスニングにも応用する

 

3分ほどで読めます♪

効果抜群!英字新聞を利用した英検準1級勉強法

英検準1級レベルの読解力を身につける英字新聞の活用方法

✔結論:英文を大量に読むこと(多読)です。

英検準1級の読解対策=多読量→英字新聞

まずは、英字新聞を活用して英検純1級レベルの読解力を身につける方法です。

読解力を身につけるためには、「量をこなす」ということがとても大切。英検準1級の問題を解く時に、1問1問文法や語法を考えていてはどうしても時間がかかってしまいます。

悩む時間を短くするためには、英文に慣れるということが大切。英字新聞を利用して、英文を繰り返し大量に読むことが英文に慣れるために最も最適な方法です。

たくさんの英文を読むために、おすすめの方法があります。それは、自分の好きなジャンルの記事を読むという方法です。自分が興味のない記事だと、読むのにどうしても時間がかかります。しかし、自分の好きなジャンルだとスラスラと読み進めることができます。効率よく学習するために、自分に最も適した英字新聞を選択しましょう!

英字新聞を活用して英検準1級レベルの単語力を身につける

✔注意:すぐに辞書を引くのはNG

続いて、英字新聞を活用して英検準1級レベルの単語力を身につける。

英字新聞を読んでいると、読めなかったり意味の理解できない単語が出てくることがあると思います。皆さんはそんな時どのようにしていますか?

よくありがちなのが、「分からない単語が出てきたらすぐ辞書で調べる」というものです。実は、単語力を獲得する上でこの方法は間違いなのです。では、どうすれば良いのか。それは、「分からない単語が出てきたら、文脈や前後の単語を見てその意味を推測する」ということが大切です。

分からない単語があった時にすぐに辞書で調べていては、その時は理解できますが、時間が経つとすぐに忘れてしまいます。単語の意味を推測してみて、この単語はこんな感じの意味かな?と予想することが大切です。

それから辞書で調べると、推測が間違っていたとしてもインパクトとして脳に記憶されるのでどんどん単語の量を増やしていくことができます。

英字新聞を活用して読解スピードを上げる

速読のポイント:接続詞に注目する

英検準1級で苦戦する問題の1つに、長文問題があります。長文問題を解く上でかなり重要なのが、英文の読解スピードです。実は、英字新聞を利用することで読解スピードも向上させることができるのです。

具体的な方法としては、「英文中の接続詞に注目する」という方法です。接続詞とは、文と文をつなぐ役割を果たす品詞のことです。(文に限らず、句や節もつなぐ役割もある。)例えば、and、though、because、however、if などさまざまあります。

この接続詞を意識することのメリットは、接続詞前の文の内容が分かると、接続詞後の文の内容が読まなくても推測することができるという点です。

例えば、「I usually make dishes on my own but today my friends made it to me . 」という英文があるとします。
「私は普段自分で料理を作りますが、今日は友達が作ってくれた」ですが、この英文中で接続詞はbutです。

「but」には「しかし」という意味があるので、この文を訳す時にただ全文を訳すのではなく、I usually make dishes on my own but の時点で次に続く文には「今日は私は料理を作らなかったのかな」と推測することができます。

このように、接続詞に注目して英文を読むと、先読みすることができるので読解スピードを格段に向上させることができます。

英字新聞を英検準1級リスニングにも応用する

英語上級者たちはやっています。

英字新聞を読むだけで英検準1級のリスニング点数がアップする理由

英字新聞を読むことで英語の読解力が上がることは想像がつくかもしれません。しかし、実は英字新聞の利用の仕方によってはリスニング問題の学習にもつなげることができるのです。

英検準1級のリスニング問題は、英検2級と比べるとかなり難易度が上がっています。また、英語のリスニングに対して苦手意識を持っている方も多いと思います。しかも、英検準1級のリスニングは対策をするのが難しいです。過去問のリスニング問題を解くだけでは不安という意見も多いです。英字新聞は、リスニング対策にもなるのです。

より効率よくリスニング対策、そして点数アップするためにも、英字新聞でリスニング力も身につけましょう!

英字新聞で英検準1級のリスニング対策

おすすめ:読んだ記事をインターネットやアプリでリスニングする

最もおすすめの方法としては、インターネットやスマホのアプリで配信されている英字新聞を利用することです。英字新聞を選ぶ際に注意してほしいことは、「音声提供がある英字新聞」を選ぶということです。

英字新聞を音声で聞くことができるので、英字新聞がそのままリスニング対策にもなります。では、紙媒体の英字新聞を利用する場合はどうすれば良いでしょうか。

皆さんは普段、どのようにして英字新聞を読んでいますか?普通に日本語の新聞を読むような感じで読んでいる方が多いと思います。しかし、リスニング力を向上するためには、少し違った読み方をします。

それは「声に出して読む」という方法です。声に出して読むことで、音として英語を認識することができます。その「音」を聞くことは、上記で紹介した音声を聞くことと同じ役割を果たすので、リスニング力を身につけることができます。

リスニング点数アップ!英検1級リスニングに適した英字新聞を紹介

英検準1級のリスニング対策に適した英字新聞を紹介します。

今回紹介するのは、「ざっくり英語ニュース!Study Now」という英字新聞です。この英字新聞は、スマホでダウンロードすることで使用することができるアプリです。

この英字新聞の利点は、

  • すべての記事に音声付き
  • ビジネスや政治など、ジャンルが豊富
  • 毎日新しいニュースが配信される
  • 無料で利用できる(音声利用は1部有料)
  • スマホ1つで利用できるので、場所を選ばない

などの利点があります。電車やバスの中でも利用できるので、特に英検準1級に合格したい学生の方にはぴったりの英字新聞です。音声の利用には、1部有料の部分がありますが紙媒体の英字新聞の定期購読には料金がかかるので、アプリのダウンロードは無料と考えると、かなりお得に学習することもできます。

まとめ|英字新聞で準1級読解対策

ここまで、英検準1級に合格するための読解力、単語力、読解スピード、リスニング対策、おすすめの英字新聞について紹介しました。

英検準1級は、かなりの難題が出題されます。幅広い応用に対応するためには、やはり英字新聞の活用をおすすめします。今回上記で紹介した学習方法は、英検準1級だけに限った学習方法ではありません。

英検の他の級、またはTOEICなどの検定試験にも応用することができます。英字新聞に興味がある方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください!1か月後には少しの変化、3か月後には今まで悩んできた読解が全く違うものになっていますよ。