初の英語圏への留学準備、進んでいますか?

何を持っていくべきか、迷ってしまいますよね。

 

留学の期間にもよりますが、初めて日本国外に数日以上滞在される場合には、念の為に下記の日本食10品を持参されることをお勧めします。

 

本記事の内容

・留学に持っていくとホッとする日本食10選リスト

・留学先で日本食をふるまうとめちゃくちゃ喜ばれる

 

せっかく留学するのだから日本食は無くても良いのではないか?

 

もしかすると、欧米系の食事が好きで、毎日朝はシリアル、昼はサンドイッチ、夜はミートローフやロテサリーチキンというメニューでも全く問題無しでそれが毎日続いても問題ない!という方はいらっしゃるかもしれません。

 

そういう方は数週間の滞在であれば日本食無しでも乗り切ることができるでしょう。

 

でも長期滞在であればいつかは必ず食べたくなる日本食です。下記リストした食材は全て保存できるものですので、数週間以上滞在の方は持参されることをお勧めします。

留学に持っていくとホッとする日本食10選リスト

この10個です。

1.   お茶漬けの素

2.レンジでチンする白米

3.ふりかけ

4.インスタント味噌汁

5.お菓子類(するめ、煎餅など しょっぱい系)

6.日本茶ティーバッグ

7.ガム

8.カップラーメン

9.乾麺(うどん、そば)

10.  調味料(めんつゆ、柚子胡椒など)

 

日本食①:お茶漬けの素

お米が炊けるか、レンジでチンする白米があることが前提になってしまいますが、お茶漬けは重宝しました。

 

特に到着直後の数日間、日系スーパーがどこにあるのかわからなかったり、わかっても足がなかったりで、疲れている時に簡単に食べたいお茶漬けの様なものが手元にあることで気持ちが楽になったのを覚えています。

日本食②:レンジでチンする白米

上記の1番と関連しますが、お米を買いに行くのと、炊飯器を用意するステップが完了するまでは非常に重宝します。

(レンジはホストファミリー宅や、短期滞在ホテル等には大抵あります。)

日本食③:ふりかけ

こちらもまた上記の3番と関連しますが、あるととても助かる品です。なかなか料理ができない滞在最初の期間は、ふりかけご飯が大活躍します。

おにぎりにすればランチにもなりますから、これは欠かせません。

日本食④:インスタント味噌汁

いつもはインスタントはちょっと、、

という方も、味噌汁が懐かしくなった時にお湯だけで飲めてしまうので重宝します。

日本食⑤:お菓子類(するめ、煎餅など しょっぱい系)

お菓子類は好みがありますが、和風のしょっぱい系のものは、現地の油っぽい食事や甘ったるいお菓子類に飽きた時に欲しくなったものでした。

日系スーパーでも手に入りますが、種類が限られますし、値段は割高です。

日本食⑥:日本茶ティーバッグ

お気に入りの緑茶などがある場合、是非持参されることをお勧めします。“Green Tea”といって最近はどこでも手に入るようになりましたが、

今だに砂糖が加わったものだったり、あまり美味しくないものだったり、種類も限られています。食後のお茶は、慣れない食事でびっくりしている胃袋を落ち着かせてくれました。

日本食⑦:ガム

勿論ガムはスーパーやドラッグストアなど、どこでも売られています。でも、フレーバーの種類は主にミント系に限られており、味のもちもいまいちなものが多いです。中国系、韓国系、日系のスーパーで、日本のガムは購入することができますが、そういったお店に買い物に行けるまでは持参のガムが活躍します。他国からの留学生のお友達にも喜ばれるのが日本のガムです。

 

日本食⑧:カップラーメン

こちらは王道です。もちろん健康を考えて、毎日食べるのは避けたいですが、到着したばかりで料理ができる環境でなかったり、日が暮れてから食材が無いことに気づいたけれど夜に外出したくない時などに重宝します。

 

日本食⑨:乾麵(うどん・そば):また麺類

こちらは簡単な調理が必要になりますので環境が整ってからになりますが、うどん、そばは米国でも最近は人気のメニュー。ホームステイをされる場合はホストファミリーに振る舞うこともできます。

 

日本食⑩: 調味料(めんつゆ、柚子胡椒など)

日本食ならではの調味料は、少量用意していくと便利です。上記9番のうどん、そばはもちろん、めんつゆは色々なレシピに使うことができます。柚子胡椒など場所を取らないけれど手に入りにくい自分の好きな調味料があれば、持参することをお勧めします。

留学先で日本食をふるまうとめちゃくちゃ喜ばれる

留学先の地域にもよりますが、日本食は世界でも人気です。うどんやそばは簡単に用意することができる上、生ものが苦手なホストファミリーでもとっつきやすいでしょう。

 

買い物や料理ができる環境ができたら、インスタントではないお味噌汁、カレーライス、焼きそば、親子丼などが喜ばれます。

 

ただ、ベジタリアン、ビーガンやグルテンフリーなどDietary Restriction (食べられるものの制限) が無いかどうかは必ず確認してからメニューを決定してくださいね。

 

おすすめはオニギリ♪ ライスと中に入れる具材だけ持っていけばすぐです。

上級者は巻きずしなど最高に喜んでもらえますよ。食は文化なり♪

 

まとめ|日本食が留学のチャレンジをさりげなく助けてくれる

留学は語学を学ぶことはもちろん、世界から日本を客観的に眺める機会です。

 

日本にいては決して学ぶことができないことを沢山経験できる一方で、日本で当たり前だったことが当たり前でなく、言葉がうまく通じない上に文化の違いにも順応していかなくてはなりません。

 

そんなわけでストレスを感じることももちろんあります。

 

そんな時に親しみ深い日本食とその味は疲れた心を少しホッとさせてくれます。上記のリスト10品をスーツケースに詰めて頑張ってきてくださいね。